このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

Breaking Travel News 出張旅行 開催場所 ホスピタリティ産業 ミーティング(MICE) ニュース セイシェル 観光 トラベルワイヤーニュース

セイシェルは市場の電撃戦で東ヨーロッパを引き継ぐ

画像提供:セイシェル観光局

世界 セイシェル諸島 目的地が積極的に自らを宣伝し、その地域でビジネスを取り戻すために市場の電撃戦に乗り出したとき、最近、東ヨーロッパの上位XNUMXつの市場でトレンドになりました。

ロードショー、吹き替え'セイシェルの乗っ取り'、4月9日からXNUMX日まで、プラハ、ワルシャワ、ブダペスト、ブカレストの各都市に立ち寄りました。 セイシェルの代表団には、観光セイシェルの代表者と地元の貿易パートナーが含まれ、XNUMX日間でXNUMXつの都市をカバーしました。

チームは毎日新しい都市に移動し、夕方にワークショップとプレゼンテーションを行った後、翌朝次の都市に移動しました。

プラハとワルシャワ(セイシェルでこの地域で最もパフォーマンスの高いXNUMXつの市場)では、代表団はデスティネーションマーケティングの長官であるベルナデットウィレミンによって率いられました。

観光セイシェルの他に、ロードショーに参加してビジネスを行っている他のパートナーは、デスティネーションマネジメントカンパニーズ7サウス、メイソンズトラベル、クレオールトラベルサービス、ピュアエスケープ、ラックスボヤージュ、ホテルパートナーのブルーサファリセイシェル、フォーシーズンズリゾート、ストーリーセイシェル、ベルジャヤホテルアンドリゾートでした。 。

各都市でのワークショップでは、主に参加者との総当たり戦が行われました。 それは、簡単なプレゼンテーション、質問への回答、連絡先の交換を伴うスピードネットワーキングでした。 ワークショップの第5部は、夕食とさまざまな製品とサービスのXNUMX分間のハイライトで構成されました。

ロードショーについて、ロシア、CIS、東ヨーロッパ市場のディレクターであるレナ・ホアロー氏は、信じられないほどのフィードバックを伴う非常に成功したイベントであると述べました。

「久しぶりにこのような大きなイベントで再び道路に戻ることができたのは誰にとっても安心でした。そして、市場の旅行代理店がセイシェルのようなエキゾチックな目的地から始めるためのより良い方法はありませんでした。」

「エージェントは非常に熱心でした。私たちは彼らに再び肉体的に会うことにさらに興奮しました。 XNUMXつの都市すべてで優れた「セイシェルの乗っ取り」がありました」と彼女は言いました。

ワークショップに参加したエージェントは、目的地を販売する大多数のエージェントでしたが、他のエージェントは、セイシェルをポートフォリオに含めることに強い関心を持った大きな可能性を秘めていました。

「私たちがさまざまな都市を訪れたとき、私たちは間違いなく貿易の話でした。 私たちのロードショーは、目的地とその製品を宣伝するために真剣な電撃戦で強力なチームとしてそこに出かけたという意味で、タイムリーで適切でした。言った。

Hoareau氏は、XNUMXか国が東および中央ヨーロッパ地域で最も業績の良い市場であるため、ロードショーに選ばれたことを強調しました。継続的な成長を確保するには、そこでのビジネスをサポートする必要がありました。 彼女は、他のいくつかの活動が今年の間に他のより小さくて潜在的な市場で起こっているか計画されており、TourismSeychellesがこの地域をより深く利用できるようにすることを付け加えました。

マーケティング担当長官のベルナデット・ウィレミンもロードショーについて前向きに話し、セイシェルはすべての訪問者に安全な休暇を提供するためにいくつかの対策を講じていると述べました。 彼女は、セイシェルが訪問者が「通常の」休日を過ごすための現在の制限を徐々に緩和している一方で、より多くの目的地が彼らの扉を開き、競争が激化していると述べた。

「今日、これまで以上に、私たちは目に見え、関連性があり、競争力を維持する必要があります。 それが今のゲームのルールです。 競争は激しく、市場シェアを維持または拡大するには、すべての市場でプロモーションとビジネスを強化する必要があります。 私たちは、既存の事業を統合し、新しい事業に全力を尽くすことに向けて努力し続けなければなりません」と彼女は言いました。

関連ニュース

著者について

リンダ・S・ホーンホルツ

Linda Hohnholzは、編集長を務めています。 eTurboNews 長年。
彼女は書くのが大好きで、細部に細心の注意を払っています。
彼女はまた、すべてのプレミアムコンテンツとプレスリリースを担当しています。

コメント

共有する...